団員募集中!

浦和エンゼルスでは新団員を大募集中です

体験会も行っていますので是非参加してください

くわしくはこちら

2019年3月17日 (日)

高円宮杯1回戦  VS 本太ビクターズ

                                                       
浦和エンゼルス 0 3 0 1 6   10
大宮フレンド 0 0 1 2 0   3

平成31年3月9日 高円宮杯1回戦  vs 本太ビクターズ
    【投手】ユウ  【捕手】ユウジン 
   【3塁打】カイト  【2塁打】ユラ,カイト
   
新年度初の公式戦、大事な初戦の相手は,ご近所の「本太ビクターズさん」。

初回,ツーアウト3塁と攻め込まれたが,相手4番バッターを三振に抑え無失点。
2回表,ツーアウト満塁から9番ユラが,目の覚めるような金属音残し,打球角度
35°のレフトオーバーを放ち走者を一掃し3点を先取。
3回,相手に二塁打などで1点を返されたが,4回表7番カエのタイムリーすぐに
突き放す。
しかし,相手も負けじとヒット,ツーベースなどで2点を返し食い下がる。
そんな重苦しい展開が続く中,主砲がやってくれました!4番カイトがライトオー
バーの三塁打で2点を追加,その後も,6番ユウキのタイムリー,9番ユラのスク
イズ,1番ユウジンのタイムリーなどで6点を奪取して試合を決めてしまう。
最後は,先発ユウが相手を三者凡退に抑え完投し,見事に2回戦に進出。
   
この試合のヒーローは4打点の大活躍をしたユラ選手でした。

【藤井コーチ】

2019年2月24日 (日)

ニューイヤーカップ  VS 喜沢ウイングス

1月27日(日) ニューイヤーカップ 第2戦
                                                                                                            
浦和エンゼルス  5  8  9  0  

22

喜沢ウイングス  2  3  0  0  

  5

【投手】ユウキ,ユウ  
【捕手】ユウジン     
【本塁打】ユウ
【三塁打】ユウ,コウタロウ
【二塁打】ユウジン           
決勝トーナメントを目指す上では連敗は許されない。
会場の道満グラウンド。整備された素晴らしいグラウンドでの両チー
ムの好プレーを期待したい。
エンゼルス先攻で試合開始,ユウユウジンの連続ホームランで幸
先よく始まり,相手チームのエラー等もあり,1回表からいきなり5点
を先制。
2回もヒット,四球など8人連続出塁で8点を追加し試合の主導権を
握る。

先発ユウキは,コントロールに苦しみながらも粘りのピッチングで相
手に主導権を渡さない。

3回にも、長短7安打を集中し9点を追加して打線爆発の22点
最後は,リリーフのユウが,3,4回を4三振を取るパーフェクトリリー
フで締めくくり,見事にニューイヤーカップ初勝利を飾りました。
喜沢ウイングスさんは,インフルエンザで参加できない子多いようで,
メンバーのやり繰りが大変な中,最後まであきらめず戦う姿に感動し
ました。次回はお互いベストメンバーで戦いたいですね。
                               【藤井コーチ】

2019年2月17日 (日)

浦和オープン戦  VS 西原フレンズ

1月26日(土) 浦和オープン戦 第1戦
                                                                                                            
西原フレンズ  2  0  0  0  0   0    2
浦和エンゼルス  0  2  0  1  0 ×    3
【投手】ユウ
【捕手】ユウジン
【3塁打】ユウ
1回表、先発ユウが2本の長打を浴び、いきなり2点を先行される
苦しい展開。
しかし、2回裏ツーアウトから,ユラの四球、ミナトのヒットでチャンス
を作ったところで、ユウがタイムリー3塁打を放ち同点に追いつく。
タイムリーに気を良くしたユウのピッチングが冴え、迎えた4回裏、
相手チームのパスボールで勝ち越すと、そのまま逃げ切り、大切
な初戦を勝利。
途中、チャンスで1本が出なかったため残塁が多くなり、自ら苦しい
展開にしてしまった。次の試合は、チャンスでのバッティングに工夫
が欲しいところである。
何はともあれ、接戦を勝ち切ったことは、良い経験になるでしょう。
                               【藤井コーチ】

2019年2月11日 (月)

ニューイヤーカップ  VS 朝霞ストロングス

1月20日(日) ニューイヤーカップ 第1戦
                                                                                                            
浦和エンゼルス 0 0 0 0 3 0   3
朝霞ストロングス 1 2 1 0 1 5   10
【投手】ユウ
【捕手】セイダイ
【3塁打】カイト
新年はニューイヤーカップからスタート。
スタートの試合に新キャプテン新副キャプテンがインフルでダウンし
いきなりピンチとなった我らがエンゼルス。(゚ー゚;
初回から小刻み失点をするも、ユウが粘りのピッチングで試合を作り、
迎えた5回表、ジョシュアのヒットを足掛かりに3点を奪い反撃開始
終盤での逆転が期待されたが、6回裏の守備で四死球にエラーが重
なり5点を奪われ、時間切れによる6回コールドで敗戦となりました。
思わぬ点差となったものの、ランニングホームランを狙ったカイトの激
走(?)やセイダイがキャッチャーとしてユウを盛り立ててくれるなど、
今後に期待が持てる内容でした。
点差程の実力差はないと思うので、次の試合に向けて練習頑張りま
しょう。
【藤井コーチ】

2019年1月19日 (土)

2019.1.12(土) 練習初め

Dsc_0249_3

みんな元気に集まりました。

この後、肉まん会、カップラーメン会と続き楽しい

練習初めとなりました。

2019年1月13日 (日)

2018年 総合閉会式(12/02)

Dsc_0017
1年間 お疲れ様!
【岩崎コーチ】

2018年11月17日 (土)

後期リーグ戦 VS 沼影少年野球クラブ

11月11日(日) 後期リーグ5戦目
                                                                         
浦和エンゼルス040000 4
常盤少年野球クラブ101000 2
【投手】ケイタ
【捕手】ショウタロウ
【3塁打】ケイタロウ
公式最終戦、相手は沼影少年野球クラブさん。
エンゼルスが勝てば、南リーグ3位、沼影さんが勝てば1位、お互い引けない一戦。
初回裏、四球で出た相手1番バッターが盗塁内野ゴロの間にあっという間にホームに帰り
先制を許します。
その裏、先頭の主砲ケイタロウがいきなり右中間を破る3塁打を放ち、
相手にプレッシャーをかけると、ヤマチャンが四球を選び無死2・3塁、
ここで最近当たりが戻ってきたカッツがセンターへはじき返し同点!
続くケイタがB・Hで続きヤマチャンが生還し一気に逆転に成功。
この回更に2点追加し一気に突き放すエンゼルスナイン。
3回に1点追加されるもその後は、お互い0行進、6回裏2死 
ライトへの飛球を最後はショウタが捕球しゲームセット 
最終戦 無事勝利で終えることが出来ました。
お疲れ様!最後まであきらめず、点を取りに行く姿勢が見えた良い試合でした!
リーグ3位 おめでとう!
【岩崎コーチ】

2018年11月 7日 (水)

後期リーグ戦 VS 常盤少年野球クラブ

11月04日(日) 後期リーグ4戦目
浦和エンゼルス 0 3 0 0 0 0   3
常盤少年野球クラブ 6 0 0 0 1 ×   7
【投手】ケイタ-ヒカル
【捕手】ショウタロウ
残り2試合、何としても勝利が欲しい試合。
しかし初回裏、エラーと四球でいきなり1死満塁、ここで相手5,6,7番にライトへの
長短3連打を喰らい、いきなり6失点、最悪の滑り出し。
2回表、1死ながら相手のミスを誘い、満塁とし、最近調子を戻してきたカッツとマコトの2連打で3点を返します。
その裏、マウンドを引き継いだヒカルが見事なピッチングで相手打線を4回まで0封します。
何とか追加点の欲しいエンゼルスナイン、しかし相手ピッチャーを崩すことが出来ず、
0行進で残念ながら試合終了。
2安打じゃ勝てないのと、エラーが目立った試合でした。
ピッチャーのリズムが乱れたのも仕方がないですね。
残り1試合、最後まであきらめず頑張ろう!
【岩崎コーチ】

2018年11月 3日 (土)

後期リーグ戦 vs 浦和エンデバース

10月20日(土)後期リーグ戦
浦和エンデバース 0 1 0 0 0 1 0 2
浦和エンゼルス 0 0 0 0 0 1 0 1
【投手】ケイタ
【捕手】ショウタロウ
【2塁打】マコト
さあ、残り3試合、一戦も落とせない戦い。
今日の相手は、サイドスローの投手有する浦和エンデバースさん
初回、先頭打者にライトオーバーの3塁打を打たれてしまい、いきなり大ピンチ。
しかし、落ち着いてケイタが2番を1-3-2のダブルプレーに切って落とし、
嫌なムードを断ち切ってくれました。
しかし、2回1死1塁から相手6番にレフト線を抜かれ1点を失ってしまいます。
点を取りたいエンゼルスナイン、しかし相手サイドスローの前に4回まで無安打が続きます。
5回、センター前に、ケイタ、カッツが2連打を放つも点数が入りません。
迎えた最終回、1死ながら、ケイタの内野安打、今日2本目のカッツのセンター前、
ショウタが四球を選び満塁。
期待高まる展開でしたが、スクイズを相手に読まれ、ウェストされてしまいます。
ショウタロウが辛うじてバットに当てるも、ピッチャーフライになってしまい、
そのまま、ダブルプレーにてゲーム終了。
悔しい試合でした。残り2試合、悔いの残らないよう最後まで頑張ろう!
【岩崎コーチ】

後期トーナメント3回戦 VS 浦和辻イーグルス

10月13日(土) 後期トーナメント3回戦
                                                       
浦和辻イーグルス00012003
浦和エンゼルス00001001
【投手】ケイタ
【捕手】ショウタロウ
後期トーナメント3回戦、速球派ピッチャーを有する強豪辻イーグルスさん。
展開は、ケイタと相手ピッチャーの一騎打ち。
3回までお互い1安打無失点と白熱の投手戦を魅せます。
しかし4回表、振り逃げで出たランナーを内野ゴロとパスボールでホームへ帰してしまい、
1点を先制されてしまいます。
更に5回下位打線に2安打打たれ、更にWPで2点を献上してしまいます。
その裏、四球で出たカッツをマコトのライトへの当りで1点を返すも追撃ここまで。
とっても残念ですが、残りリーグ戦、この悔しさをバネに頑張ろう!
【岩崎コーチ】

«10月08日(月) スポーツ少年団運動会!

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
無料ブログはココログ